月別アーカイブ: 2017年7月

脱毛器の脱毛スピードは照射面積とショット数が肝

エステサロンのフラッシュ脱毛といえば、最近では、喫茶店のコーヒー代よりも安い価格で施術してもらえるようになりました。

また、クリニックや皮膚科でのレーザー脱毛も料金が下がり続けているといって良いでしょう。

脱毛費用の参考サイト・・・脱毛高崎市

しかし、自宅で、誰にも知られずに脱毛できるというのは、何物にも代えがたい魅力があります。特に、デリケートゾーンの脱毛となると自分で脱毛したいという人は多いのではないでしょうか。

しかも、家庭用脱毛器の性能はどんどん上がってきており、サロンやクリニックで脱毛するのとほとんど変わらない効果を得られるようになっているのです。
しかし、自宅で脱毛する場合には、脱毛器の性能によってその効果は大きく異なります。

フラッシュ脱毛でいえば、まずは、照射面積がどのくらい大きいかによって脱毛のスピードが違ってきます。もちろん、照射面積が大きければ大きいほどスピードは速くなります。

これは、ワキなど面接の狭いところではそれほど実感できないかもしれませんが、足などを脱毛するとなるとかなりの差が生まれることになります。
また、フラッシュ脱毛の場合、脱毛器はカートリッジがなければ脱毛を行うことができませんが、カートリッジのショット数には限りがあります。カートリッジ1つ分のショット数は、多ければ多いほどお金をかけずに脱毛することが可能になります。

もしもショット数が少なければ短い期間で新しいカートリッジを購入しなければならなくなるでしょう。脱毛器の値段の安さだけに注目して購入してしまうと、ショット数が少なく、照射面積も小さいという場合があるので十分に注意しなければなりません。

一般的に、ショット数の多い脱毛器は50,000ショット程度ともいわれており、少ない脱毛器となると750ショット程度しかないともいわれています。

単純に計算すれば、その差は40,250ショットという違いがあることになるのです。
さらに、脱毛器によっては、一度の照射で連射することができる大変利便性の高いものもあるのでこちらもチェックすると良いでしょう。

連射機能を使えば、一回一回位置を確認して手動でボタンを押して、という面倒な作業を少なくすることができます。その結果、驚くほど脱毛がスムーズに進むはずです。
脱毛器はさまざまなメーカーのものが出回っています。しかし、照射面積を格段に大きくすることは物理的に難しいといえるので、ショット数がより多いものを選ぶようにすると良いでしょう。